ハチドリってみる

ブログやるならJUGEM
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 先日の県議・市議との意見交換会 | main | 放射能からいのちを守る全国サミット 全国受入支援団体一覧 冊子 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - |
    2月20日 【おとのわ】に行ってきました
    0
      ども、miomamaです。いろいろとバタバタしてます ちょこちょことココロに栄養をやってます。

      2月20日(日)に仙台市で開催されました【つながる音、つながる想い おとのわ】に行ってきました。午前中にバタバタしていたので時間までに行けるのかどうか不安でしたが(高速道路を使うのは恐怖で心臓がバクバクするからパス)、なんとか開場に間に合いました。

      【おとのわ】さんのサイトはコチラからどうぞ

      『おとのわ』は、 東北から子ども達の安全な未来とあたらしい暮し方を自分たちの手で育み、発信していけるよう音楽をエネルギーに、歌い、踊り、つながり合う場。を意味します。

      『とものわ』・『せんのわ』では【おとのわ】の趣旨に賛同されたミュージシャンの方々がライブを、『もののわ』では仙台こけしぼっこ+おりづめさんや飾人(かざりびと)さん達様々なかたの作品が紹介・販売されていました。『おちゃのわ』ではうつろひカフェさん、せんだいコミュニティカフェ準備室さんがお茶を用意されていました。

      が、申し訳ありません
      今回の私の目的は『原発・放射能なんでも相談コーナー』に並ばれていた方々にお目にかかり、繋がっていくことでした。なので、おとのわのライブももののわの作品もおちゃのわのお茶もほとんど目に入っておりません ごめんなさい そちらのことは全く書けません というより、私に用意できた二時間(イベントは六時間半ありましたね)という短い時間では全然足りないくらいの、内容盛り沢山、熱気と人が溢れかえるイベントでした。
      次回はもっと時間を取って参加したいと思います

      さて、相談コーナーには福島原発事故以前・以後から原発問題や放射能問題に対して宮城県で活動されてきた方々が参加されていました。また、宮城、福島、茨城等で放射能問題を心配されるお母さん達を京都からサポートされているグループからyokoさんが『ほっこり通信』(こちらの記事が分かりやすいかなぁ http://nagiwinds.blogspot.com/2011/11/blog-post_06.html)を携えていらっしゃいました。
      『ほっこり通信 from Kyoto』には京都における被災者の受け入れ・支援情報が掲載されていて、すでに避難された方やこれから避難しようかとお考えの方々には貴重なフリーペーパーになっていると思います。
      また、この通信の宮城版も昨年12月に1号が発行されました。
      これらのフリーペーパーをブログに掲載していいのかまだ確認していませんので、確認がとれ次第、チーム県北のブログに掲載する予定です。( http://plaza.rakuten.co.jp/teamkenpoku/ )

      あー、これ以外にもまだまだ書きたいことが山ほどあるー が、もう休みます。朝が早いのです

      ということで、『【つながる音、つながる想い おとのわ】に行って来たっちゃぁの巻』でした。
      またね〜

      交流会・イベント等 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        - | permalink | - | - | - |

        この記事に対するコメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://miomiomama.jugem.jp/trackback/29
        この記事に対するトラックバック
        RECOMMEND
        PR
        CATEGORIES
        SELECTED ENTRIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        OTHERS